カテゴリー
未分類

口臭が完全に消滅できない理由

口臭は周囲に人がいたり会話をする場合にとても気になってしまいますが、これは自分自身ではよほど酷い口臭を発していなければ気付きにくく、どのような状況で強く匂ってしまうのか判断が難しいからだと言えるでしょう。そこで疑問に感じるのは、日頃から口臭ケアを心掛けていて頻繁に注意を払っているにも関わらず、口臭そのものが撲滅できないという点です。この口臭というのは、どこから発生しているものでしょうか。

http://kuwapyon.main.jp/

口臭が発生する大きな原因は口腔内にある常在菌の影響であり、代表的なものは歯周病菌や虫歯菌です。これらは口腔内で生存している常在菌であり、生活を送っている間に感染したり増殖する細菌です。この生活を送ることで増殖する原因は食べ物や飲み物であり、これらに含まれる脂肪や糖分が最近の食糧になってしまうので、完全に排除できなくなっています。人間は口腔内で唾液が分泌されるので増殖を食い止めるための一定の効果はありますが、口腔内に細菌の食糧があれば増殖すると共に食料を取り込む際に強い臭気を発してしまうので、これが口臭になってしまうということです。

また、口臭というのは口腔内で発生した匂いだけでなく、胃や腸で生じた匂いも逆流して口臭になってしまうケースがあります。本来であれば胃や食道が逆流することを防いでくれるので内臓で発生した臭気が口から出ることはありませんが、あまりに大量に臭気の原因物質が蓄積されると放屁で出ない分量が口から出てしまいます。この内臓でできた臭気は特に匂が強く、体外に放出してしまうと強烈な匂いになることは間違いありません。内臓に臭気が蓄積するメカニズムは口腔内とほとんど同じであり、腸内にいる悪玉菌の数が多くなることで食べ物を分解した時に発生する腐敗臭が大量に蓄積され、それが行き場を失って口から飛び出すのです。

この二つはどちらも人間が体に普段から持っている常在菌が影響するので、完全に排除することはできません。しかし、悪玉菌を減少させて善玉菌を増やせば爽やかな嫌味のない匂いに変えることができるので、日頃から善玉菌を増やすために食生活を向上するといいでしょう。