カテゴリー
スキンケア

シミを作らないために

小学生の時には全く気にしていなかったシミですが、良く親にシミができるから、日焼け止めをしっかりと塗るんだよと言われていましたが、気にしないでいましたが、今はシミが出てきてしまわないかと不安になっています。

ヴィオテラスHSCセラムの効果と私の口コミ!販売店での市販状況もご紹介!

シミの原因となる日光による紫外線は、曇りの時にも飛んでいるため注意が必要です。天気の良い日だけでなく、曇りの日にも肌を守るために日焼け止めをしっかりと塗ることが大切です。できてしまったシミについてはケシミンがおすすめです。ケシミンを使って少しでも薄くなるように心がけていきましょう。

ビタミンCをとるとシミが薄くなるので、柑橘類などやビタミンCの多い食べ物をとるようにしたり、ビタミンCの含んだ化粧水を使うと良いでしょう。しかし、ビタミンCの含んだ化粧水を使って日にあたってしまうと紫外線を吸収しやすくなってしまうことがありますので、注意が必要です。

シミができると気分も下がってしまうので、なるべくつくらないようにすることとできたときは少しでも薄くなるようにケアに力を入れて頑張りましょう。シミが消える化粧品も売っていますが、濃い化粧になるよりも薄い化粧ですんだほうが良いと思うので、夏場だけではなく、秋も日差しに注意して日焼け止めを使うようにしましょう。