カテゴリー
育毛

男性の3人に1人の悩み

男性の3人に1人が薄毛で悩んでおり、その90%以上の人が遺伝性のある男性型脱毛症(AGA)であるといわれています。男性の毛髪は平均3年から5年かけて成長し、新しい毛髪へと入れ替わりますが、AGAでは毛髪が成長せず、6か月から1年で抜け落ちてしまいます。抜け落ちた毛髪の特徴は、細く短く、先が尖っている点です。

http://www.halfshillingcurate.com/

このAGAは早い人で18歳前後から、一般的には20歳代から30歳代には毛髪が減ってきます。薄毛部分は前頭部又は頭頂部から始まり、年齢を重ねるごとにゆっくりと広がり続けます。

AGAに悩んでいる人は、ジヒドロテストステロン(DHT)について知っておくことが、薄毛の改善や予防には大切です。DHTは、男性ホルモンのテストステロンと頭部に存在する5αリダクターゼという酵素が結合して生じ、毛髪のもとになる毛母細胞の増殖を抑制します。毛母細胞の増殖が抑制されることで、長くて太い毛髪が生えにくくなるのです。

したがって、AGAは原因となるDHTの生成量を減らせば、薄毛へ影響を与えることが期待できます。食事にて、DHTの生成量を減らすには、5αリダクターゼの抑制する亜鉛を含む牡蠣やレバー、豆腐や納豆を心がけて摂ると良いといわれています。